バイアグラは狭心症の薬として研究されていた?

バイアグラというと夢のED治療薬とも発売当時は言われて大騒ぎされていましたが、実を言うとはじめからそのような効果があるという事が分かった上で研究開発されていたという訳では無いのです。
元々は狭心症の治療薬として研究が行われていたのですが、臨床試験の結果ではあまり芳しくなかったのです。
そのために研究開発を中止して試験に使用された薬を回収しようとしたのですが、被験者がその際に利用した薬の回収を拒もうとした事がきっかけでEDに対して効果があるという事が分かったのです。
それが原因でED治療薬としての研究開発が行われるようになり、1998年にアメリカではじめてのED治療薬として販売されるようになって世界中で大きく注目を集めました。
発売された当時は日本でも大きく取り上げられたことから少しでも早くバイアグラを手に入れて試してみたいという人もいて、そうした人たちの中には個人輸入で海外からバイアグラを輸入する人も出てきました。
ところがそうして個人輸入で手に入れても利用に関する注意をよく理解せずに服用する事によってバイアグラの副作用によるトラブルに悩まされる人が問題となるようになりました。
通常は日本は医薬品の承認にはかなり慎重であって、それが原因で海外では広く利用されている医薬品が日本ではなかなか認められないという事も多いのですが、それは同時に承認された医薬品については正しく使えば比較的安全性は高いという事にもなっています。
そのために一概には悪いとは言えないのですが、バイアグラに関しては個人輸入で服用してトラブルになるのが問題となり、それならば承認してしまった方が良いだろうという動きもあり、1999年に異例の速さで日本でも承認されました。

◎バイアグラは男性用ですが、女性用バイアグラもあることをご存じですか?
女性用バイアグラの効能とは
◎バイアグラよりも食事の影響を受け難いシアリスがお勧めです
シアリス