納得できる効果初代ED治療薬のバイアグラ

バイアグラは、万人に使える初代ED(勃起障害)治療薬です。世界初のED治療薬で、納得のいく効果が得られることが多いです。
病気になって薬を使っても、ほとんど気休めにしかならないというケースは多いですが、バイアグラはEDに対して納得の効果が得られます。
バイアグラの有効成分は、勃起を鎮めてしまうPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害する作用があります。すると体内の血管拡張物質のcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)が増加して、正常に勃起できるようになります。
EDの男性のペニスにはPDE5酵素の分泌が通常の人よりも盛んなのですが、この酵素の働きを食い止めることで、血管拡張を維持させやすくします。
初代の治療薬ということで、世界中で最も知名度が高い薬です。
男性の性の悩みといったらバイアグラ、というくらいに知られています。
最近では、女性にも女性器周辺の血流をアップして膣を潤したり、不感症を改善させる効果が期待できるとして、女性版のバイアグラも登場しています。
バイアグラはED治療に使われる薬ですが、全身の血流を良くすることから、動脈硬化の予防や新陳代謝アップなどにも使われることがあります。
バイアグラが使えないのは、狭心症や心筋梗塞の治療薬の硝酸剤を使っている人です。通常の降圧剤とのED治療薬の併用は問題ないことが多いですが、硝酸剤と併用してしまうのは禁忌とされています。
実際、過去に硝酸剤とバイアグラを併用してしまったために、血圧が下がりすぎて死亡したという事故も起こっているので、注意が必要です。
安全に使うのであれば、病院を受診した上で処方してもらうのがベストでしょう。